BBAについて

BBAはモバイルブロードバンドをコアに、インフラ、プラットフォーム、コンテンツ、サービスに関わる事業者の皆様のエコシステム作りを通じて、デジタル情報革命を推進し、豊かな社会の実現を目指します。

代表理事よりご挨拶

代表理事 宮内 謙 ソフトバンク株式会社 代表取締役 社長執行役員 兼 CEO

一般社団法人ブロードバンド推進協議会は、2003年にブロードバンド事業者によって次世代のブロードバンドを普及推進するべく設立されました。そしてモバイルブロードバンドの普及、またスマートフォンの台頭を経て、人々のライフスタイルや企業のビジネスは劇的な変化を遂げました。さらに現在、次世代通信規格「5G」ネットワークを利用することで、世の中にある多くの社会問題を解決が可能となる、と期待されています。

超高速、大容量、低遅延を可能とする5Gネットワークを活用すれば、IoT、AI、ロボット、ウエアラブルデバイス、様々なセンサーなど、500億個のデバイスがネットに接続することが可能となります。その環境のもと、我々は、引き続きICTの利活用を推進し、新たな技術やサービスのイノベーションを促進する為に、研究活動や様々な事例の創出、制度等にかかる環境整備を通じ、ICTに関わる皆さまのエコシステム創りに力をいれてまいります。現在期待されている5Gネットワーク、そしてビッグデータとAIの活用なども見据え、様々な分野で活用されるICTの推進に取り組み、我々が未来を創るとの信念をもって、活動を進めてまいります。
我々とともに、未来を創造いただける皆様のご参加をお待ちしています。

代表理事 宮内 謙
ソフトバンク株式会社
代表取締役 社長執行役員 兼 CEO

活動趣旨

モバイルブロードバンドのさらなる進化と発展のために、情報通信業界を取り巻く環境変化と最新の政策/技術動向を探求し、規制や業界の枠を超えた事業者の連携を図り、情報通信の力の国内外への波及とイノベーションを促し、デジタル情報革命の実現を推進します。

【目的】

  • 情報通信産業の最新の政策・技術動向を調査・研究、会員内外に提供する
  • 情報通信産業のレイヤーを越えた関係者の交流促進と産業振興を促す
  • 情報通信をより多くの産業、地域で活用できるようにする
  • 次の世代を担う新たなイノベーションと人材を育てるようにする
  • 活動を通じて得られた知見や意見を政策に提言できるようにする

理事・監事

名誉会長
孫正義 ソフトバンク株式会社 取締役会長
代表理事
宮内謙 ソフトバンク株式会社 代表取締役 社長執行役員 兼 CEO
理事
古谷宗章 株式会社電通 部長
宮川由香 沖電気工業株式会社 執行役員 統合営業本部 第二営業本部長
吉本裕 日本電気株式会社 デジタルサービスソリューション事業部 事業部長代理
杉村諭 株式会社TOKAIコミュニケーションズ 法人営業本部 西日本事業部 事業部長
藤田稔 株式会社リンクトブレイン 取締役
荒川豊 国立大学法人九州大学 大学院システム情報科学研究院 ヒューマノフィリックシステム研究室 教授 博士(工学)
久世和資 日本アイ・ビー・エム株式会社執行役員 最高技術責任者 工学博士
藤門千明 ヤフー株式会社 常務執行役員 最高技術責任者
監事
西牧哲也 株式会社ココト 代表取締役社長

当団体の取り組み

各種専門部会の活動

学術機関や民間事業者を主体とした専門部会を設置し、さらに必要に応じて、社会実装を見据えた専門研究会を開催するなど、業界に縛られない横断的な活動を実施しています。

利活用部会

社会課題の解決のためのICTの利活用を推進をテーマに、さまざまな地域、分野で実践されているICTやサービスモデルの事例研究を通じ、社会実装に向けたビジネスモデル、規制や制度のあり方についての調査、研究、提言を行います。

部会長 木暮 祐一

部会長 木暮 祐一
青森公立大学経営経済学部地域みらい学科 准教授

1967年、東京都生まれ。徳島大学大学院工学研究科博士課程修了、博士(工学)。株式会社法研 編集記者、株式会社アスキー「携帯24」編集長、株式会社ケイ・ラボラトリー(現、KLab株式会社)広報宣伝部マネージャー、戸板女子短期大学国際コミュニケーション学科非常勤講師、武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部准教授などを経て、2013年より現職。また現在、徳島大学工学部非常勤講師、熊本大学医学部非常勤講師を兼任。

イノベーション部会

ベンチャー起業・育成とイノベーションの促進をテーマとして、コンテンツビジネスにおいて培われた技術、ノウハウの様々な産業用途への展開を図るための研究会やOMEといったカンファレンスの開催を行い、これらを通じベンチャー会員のロールモデルの創出と事業化の支援を行っています。

部会長 清水 弘一

部会長 清水 弘一
株式会社リンクトブレイン 代表取締役社長

独立系SIシステム開発企業からゲーム関連企業の転籍を経て、リンクトブレインに創立時にジョイン。ゲーム関連企業時に、インターネットやWEBテクノロジーのさらなる未来を感じると共に、ゲームをはじめとするエンターテインメントの持つチカラにも魅了され、ゲーム(デジタルコンテンツ)業界へのビジネスソリューションと人材育成などの提供を事業化することに意識を高め事業活動を行っている。2018年10月より代表取締役社長に就任を機に掲げた新たなミッション・ビジョンのもと、クリエーターの活躍できる機会創造型企業への転換を目指している。

イベントやプロジェクト

TechUP Makers
IoTプロダクトに挑戦するスタートアップ向け開発支援プログラムです。メンターに相談しながらプロトタイプを開発、デモデイで発表をして今後のビジネス化につなげます。
カンファレンスの開催
有識者を招聘した講演会・シンポジウムに加え、毎年注目のテーマにおける、イノベーションと新産業創出にむけた展望を明らかにするカンファレンス(OMC)を開催しています。

その他

学術機関との共同研究
学術機関との共同研究を通じ、有識者を交えた研究会、調査監修など、技術や制度面での会員の課題解決を図り、会員の知見と事業推進支援を行っています。
ベンチャー支援
ベンチャー会員を中心に、地域社会・大手企業との連携による事業機会創出や、共通の課題を持つ企業との業種をこえたコミュニティ作りを積極的に推進します。
実証実験・事業提案のための支援
地域振興施策を推進する自治体と連携したICT活用実証研究や、会員間の協業による事業提案の場作りを行います。
国際交流
ICT産業の振興に注力する関係大使館・機関との連携によるビジネスマッチング、人的交流、研究活動を促進します。2018年には、台湾のVR/AR業界団体TAVARとのパートナーシップを締結しています。
会員交流・関連団体交流
ビジネスセミナーや各種視察の開催などによる交流機会を設け、会員相互交流とビジネスシードの発掘機会を提供します。また、官公庁・自治体・関連業界団体との交流を推進します。
社会貢献への取り組み など