開催報告 ICT教育WG 第1回研究会「教育政策動向とICT教育の実践」

写真 37月17日、都内にてBBAモバイルブロードバンドフォーラムICT教育WG第1回研究会「教育政策動向とICT教育の実践」が開催されました。

本年度より組織したICT教育WGの活動の第1回目として、民主党政権から自民党政権への変化の中で、教育政策におけるICT活用のポイントを整理すると同時に、株式会社立の通信制高等学校教育にICTを活用し、すでに実績をあげているルネサンス高校の事例を取り上げ、今後のWG活動の出発点として、法人会員、個人会員の17名でディスカッションを行いました。

1.ソフトバンクテレコム株式会社渉外本部より、教育ICT政策動向について政策担当としての報告

アベノミクス成長戦略の中で教育分野について政策面の記述が変化している。自民党教育再生本部、内閣府(日本経済再生本部、産業競争力会議、IT戦略本部)、文科省(中教審)の3つの組織でICT教育、デジタル教科書化政策記述のポイントを解説。
また、学校ICT環境整備の目標の変化、進捗率の資料を読み解き、今後の産業界への波及効果を計る。IT産業界からどのような提案をすべきかが課題。100校プロジェクトの今後の進捗に注目すべき。

<参考リンク>

世界最先端 IT 国家創造宣言について(行程表)
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/it2/kettei/pdf/20130614/siryou1.pdf

教育振興基本計画
http://www.mext.go.jp/a_menu/keikaku/

2.ネット教育の本質
ルネサンス・アカデミー代表取締役社長 桃井隆良氏

学校の存在は?教師の存在は?教育の本質は何か?
ネット教育で、日本の教育の問題が解決するとの提言。

「タブレット x デジタル教科書」
ルネサンス高等学校では2007年(開校2年目)以来、4年間さまざまな形で「携帯」でのレポートシステム展開に力を入れていた。2011年度より学習端末としてのスマートフォンの可能性に着目。
利点は 学習端末として、高校生に最も身近なツール。学習時間と場所の制限解除。
問題発送ミスや、採点結果通知のタイムラグ解消。同様に左記作業の自動化に伴う教員作業の低減。
タブレットにより、択一式問題に限らない問題形式が可能に。音声・動画等データの利用拡大。
ルネサンス高校ではディクテーションを中心とした英語レポート課題から展開開始の事例紹介。

参考リンク

ルネサンス高校(BBA会員・ブロードメディア株式会社グループ企業)
http://www.r-ac.jp/

クアルコムとルネサンス高校、「タブレット×デジタル教科書」プロジェクトを発表
http://www.rbbtoday.com/article/2013/05/22/108245.html

3.ディスカッション

モデレーター:ICT教育WGリーダー 上松恵理子
武蔵野学院大学 国際コミュニケーション学部 准教授
国際大学GLOCOM客員研究員
日本デジタル教科書学会副会長


1 comment on “開催報告 ICT教育WG 第1回研究会「教育政策動向とICT教育の実践」”

  1. Mr WordPress

    これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

Comments are closed.