開催告知 利活用部会 第9回研究会「ICT利活用による業務大改革! -大企業、自治体はICTをどう受け止め、業務改革していかなくてはならないかを議論-」

一般社団法人ブロードバンド推進協議会 主催・地域経営学会 共催
BBAモバイルブロードバンドフォーラム 利活用部会 
第9回研究会
「ICT利活用による業務大改革!」
-大企業、自治体はICTをどう受け止め、業務改革していかなくてはならないかを議論-

日時:2017年7月10日(月)15:30-17:50  会場:TKP浜松町ビジネスセンター

ブロードバンド推進協議会利活用部会では7月10日(月)、TKP浜松町ビジネスセンターにて利活用部会 第9回研究会として「ICT利活用による業務大改革!」を開催いたします。

スマートフォンが広く社会に浸透し、さらにIoTやAIの活用も広がりを見せています。こうしたICTの利活用によって生産性を高め、業務効率を最適化させることに期待が持たれていますが、果たしてICTのポテンシャルを最大限に生かせている企業、自治体はどれぐらいあるのでしょうか。従前の業務の中に、ただ単にICTを取り入れただけという企業、自治体も少なくないと思われます。ICTを有効に活用すれば、業務そのものを抜本的に改革することもできるはずです。ICTの特徴を最大限活かし、これまでの仕事のやり方を根本から見直すことで、はじめてICT投資の意義が見いだせるというものです。

今回の研究会は、「業務大改革」という観点から、大企業や自治体においてICTをどうとらえ、活かしていくべきかを2名の実践者から手ほどきいただきます。まず、神奈川県CIOも務められた未来戦略研究所代表取締役・根本昌彦氏から、企業や自治体でのICT利活用による働き方改革について論じていただきます。また、実際にICTを有効活用し業務改革を実践された佐賀県の事例について、佐賀県政策部企画課企画担当係長・円城寺雄介氏より、ICTによる業務改革の本質について、これまでのお取組みを振り返りながら講演頂きます。

皆さまのご来場をお待ちしております。

<開催概要>

■日時: 2017年7月10日(月)15:30-17:50(18:00から懇親会)
■会場: TKP浜松町ビジネスセンター カンファレンスルーム3B
    〒105-0013 東京都港区浜松町2-7-17 イーグル浜松町ビル3階
    http://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/bc-hamamatsucho/access/
■主催: 一般社団法人ブロードバンド推進協議会
■共催: 地域経営学会
■定員: 60名
■参加費: セミナー参加費 無料 / 懇親会参加費 3,000円(税込) ※BBA正会員・賛助会員は無料
■対象: 自治体、ICT導入を検討している企業、ICT関連事業のご関係者様

 

<お申し込み>
★お申し込みはこちら

 

<プログラム>

15:00 開場・受付開始

15:30 開催趣旨説明
   BBA利活用部会部会長/青森公立大学准教授 木暮 祐一 氏

15:40 ご講演(1):「企業や自治体でのICT利活用による働き方改革」(仮)
   株式会社未来戦略研究所 代表取締役/元 神奈川県CIO 根本 昌彦 氏

16:40 休憩

16:50 ご講演(2):「ICTによる業務改革の本質」 -救急災害現場から役所の机まで、実例からの報告-
   佐賀県 政策部 企画課 企画担当係長 円城寺 雄介 氏

17:50 閉会

※懇親会は18:00~(希望者参加 有料)

<講演概要・講師プロフィール>

ご講演(1)
「企業や自治体でのICT利活用による働き方改革」(仮)

株式会社未来戦略研究所 代表取締役/元 神奈川県CIO 根本 昌彦 氏

講師プロフィール:
未来戦略家として活躍。これまで数多くの大企業、ベンチャー企業、自治体等の顧問等に就任。数十年先を見越した企業ビジョン、経営戦略、事業戦略、研究開発戦略の策定と事業支援、人材開発などを手掛けてきた。
2013年2月から神奈川県CIOに就任、県庁内のスマート化を図ると共に、地方自治体全体のICTを活用したスマート化の立案と真の行政改革の実現化に向けて奔走された。現在は鎌倉市政策創造委員、神奈川県非常勤顧問。次世代社会システム担当として県域全体にヘルスケアIoTの普及や国保の一元化、医療等IDの利活用に関して動く。

ご講演(2)
「ICTによる業務改革の本質」 -救急災害現場から役所の机まで、実例からの報告-

佐賀県 政策部 企画課 企画担当係長 円城寺 雄介 氏

19212893_1389058967854704_648271209_o19249902_1389058971188037_373647494_o講師プロフィール:
全国初となる救急車でのiPad活用、データ分析をもちいたドクターヘリ導入などで救急医療改革に取り組み、総務省ICT地域マネージャーとして変革を全国に広げている。MCPCアワード2012グランプリ・総務大臣賞、全国知事会先進政策大賞、マニフェスト大賞2013優秀賞などを受賞。2017年には総務省九州総合通信局長表彰。
また救急・災害現場でのドローン、IoT活用を進めるため一般社団法人EDACを設立し副理事長・最高経営責任者をつとめる。
著書に「県庁そろそろクビですか?」(小学館新書) 

開催趣旨説明
BBA利活用部会 部会長/青森公立大学 経営経済学部 地域みらい学科 准教授 博士(工学) 木暮 祐一 氏

木暮祐一プロフィール:
1967年、東京都生まれ。黎明期からの携帯電話業界動向をウォッチし、2000年に(株)アスキーにて携帯電話情報サイト『携帯24』を立ち上げ同Web編集長。2002年~2004年、携帯コンテンツ開発の(株)ケイ・ラボラトリー(現、KLab(株))で広報担当マネージャー兼産学官連携事業などを担当。2007年、「携帯電話の遠隔医療応用に関する研究」に携わり徳島大学大学院工学研究科を修了、博士(工学)。スマートフォンの医療・ヘルスケア分野への応用をはじめ、ICTの地域社会での活用に関わる研究に従事。2013年より現職。モバイル学会理事/副会長、ITヘルスケア学会理事。近著に『メディア技術史』(共著、北樹出版)など。1000台を超えるケータイのコレクションも保有している。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です