開催報告 BBA台湾ICT先端産業イノベーション視察・マッチング

ブロードバンド推進協議会・台湾工業技術研究院(ITRI)パートナーシップ
BBA台湾ICT先端産業イノベーション視察・マッチング 開催レポート
2017年5月31日(水)~6月1日(木)

 

SONY DSC

ブロードバンド推進協議会では、昨年10月に台湾の政府機関である工業技術研究院(ITRI)とパートナーシップを締結し、両国のICT産業発展のための企業交流、事業創出を推進しています。このたび、台湾で開催されたICTイベント・展示会「COMPUTEX Taipei 2017」(5/30-6/2開催)に合わせ、ITRIと共同で台湾政府機関、情報通信産業、スタートップ企業の視察・企業マッチングを実施しました。

台湾はスマートフォン、コンピュータ製造の世界的中心であると同時に、急速にIoTやVRなど新たな情報通信分野への転換を図り、新政権下の元、スタートアップ企業の育成、テクノロジーイノベーションにも積極的に展開を行いアジア地域のテクノロジーハブを目指しています。そしてBBAとしては、PC、端末の製造からIoT、ウエアラブル、スマートシティ、スマートハウスへのソリューション、サービスへと変貌を遂げる台湾ICT産業と日本のプラットフォーム、ソフトウエア産業との融合による新たな協業機会の提供、また、アジアのシリコンバレーを目指す台湾のスタートアップ企業と、日本の企業のマッシュアップによるイノベーション創出を目指しています。

今回の5月31日(水)~6月1日(木)の2日間の視察は、BBA理事/ヤフー株式会社 執行役員CMO 村上臣 氏を団長に、BBAの会員企業中心に19名が参加。台北エリアと「台湾のシリコンバレー」と呼ばれるICT産業集積地の新竹エリア等をめぐり、政府機関、スタートアップ施設、情報通信企業、そしてCOMPUTEXに訪問しました。

SONY DSC

・Center of Industry Accelerator and Patent Strategy(IAPS)
台湾トップ2の国立理系大学である交通大学付属のインキュベーション施設「IAPS」へ訪問。ここで産官学連携により実施されているスタートアップ支援の取り組みのご紹介、コワークスペースやFoxconnが運営するファブラボ「innomaker workshop」の見学、およびここで支援を受けているスタートアップ企業のプレゼンを受け交流を行いました。

 台湾のスタートアップ参加(4社):GolfaceJARVISHGoMore、TEMPWAWK

SONY DSC

・ITRI 情報通信研究所
ITRI 情報通信研究所(ICL)とのブリーフィング。ここで取り組まれている技術研究開発とスタートアップ育成の話とスタートアップの紹介を受け、スタートアップとの交流をおこなった。その後ITRIの研究成果のショーケースを見学しました。

 台湾のスタートアップ参加(5社):Coolso、EleCleanGLIA STUDIOkizyOysterX

 

SONY DSC

・Advantech
台湾の半導体、産業用コンピュータ大手のAdvantech社を訪問。同社の取り組むIoT製品やソリューションを視察しました。

・台湾経済部懇親会、デジタル・イノベーション交流会
日本の経済産業省に相当する台湾 経済部(ホスト 経済部工業局 副局長 游振偉 氏)のお招きによる懇親会を開催。また、デジタル関連企業との交流会として台湾のクラウド、ゲーム、ビッグデータ企業のプレゼンを受けて交流をおこないました。

 台湾の企業参加(3社):WASAI TechnologyRAYARK、ARISAN

SONY DSC

・COMPUTEX Taipei 2017
アジア最大級の国際IT展示会「COMPUTEX Taipei 2017」のメイン会場に入り、VR/AR、ゲーミング中心にガイダンスを受けながら各ブースを見学。また、ASUS JapanよりBBAに特別にご招待いただいたロボット展示等を見学しました。

・InnoVEX/SmarTEX
COMPUTEX併設のスタートアップエリア「InnoVEX」とIoTアプリケーションエリア「SmarTEX」の会場に入り、CoCID/ITRIのガイダンスを受けながらスタートアップのブースを中心に見学しました。

また今回ITRIとのパートナーシップにより、InnoVEXにBBAベンチャー会員のレイ・フロンティア(株)と(株)ハタプロが出展しました。

SONY DSC

・レイ・フロンティア(株)
行動情報によるAI分析サービス「Silentlog Analytics」。ユーザーの位置情報データによる行動履歴からペルソナ(人の特性)分析や行動情報のビジュアル化をおこなう。車の燃費アプリなどで使われている。アプリ事業者にSDKを提供している。ユーザーの位置情報は、月間約2万人が利用する同社のライフログ記録アプリ「Silentlog」で収集している。

SONY DSC

・(株)ハタプロ
パーソナルガイドロボット「ZUKKU」。センサーやカメラ、さらにSIMを搭載しており、IBM WatsonのAIの解析により前を通った人の属性などを認識してWEBプラットフォームで可視化。タッチパネルとも連携して広告配信を展開予定。

●関連情報

Net IB News
日台オープン・イノベーションの夜明け~BBA視察団報告(前)

日本も台湾も若者の価値観は似通っている~BBA視察団報告(後)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です