開催告知 地域ICT利活用WG第3回研究会「位置情報、ARによる観光資源開発」

地域ICT利活用WG 第3回研究会
「位置情報、ARによる観光資源開発」
-準天頂衛星「みちびき」実証実験とAR(拡張現実)観光活用事例-
日時:2013年12月3日(火) 16:00-18:00 会場:ソフトバンク本社

BBAでは、12月3日(火)16:00より、ソフトバンク本社にて、モバイルブロードバンドフォーラム地域ICT利活用WG第3回研究会として「位置情報、ARによる観光資源開発-準天頂衛星「みちびき」実証実験とAR(拡張現実)観光活用事例-」をテーマに研究会を開催いたします。

位置情報、ARによる観光資源開発

<開催概要>

■日時:2013年12月3日(火)16:00開始(15:30開場)
■会場:ソフトバンク本社会議室
105-7303 東京都港区東新橋1-9-1 東京汐留ビルディング
http://www.softbank.co.jp/ja/info/profile/access/
■主催:一般社団法人ブロードバンド推進協議会
■定員:30名
■参加費:BBA会員 無料 / 一般参加 研究会2,000円(税込)
■対象:情報・通信関係者、自治体関係者、その他

<お申し込み> ※参加には事前登録が必要です

★BBA会員こちら
※BBA会員各位:会員用ご登録コードが不明の場合は、BBA事務局までお問い合わせください。

★一般参加(2,000円)こちら

<プログラム>

15:30 開場
16:00 開始 趣旨説明 青森公立大学 准教授 木暮祐一
16:30 講演「ARによる観光戦略 ~ARの基礎知識と事例紹介~」
レイ・フロンティア株式会社 代表取締役CEO 田村建士氏(BBAベンチャー会員)
17:10 講演「準天頂衛星みちびき実証実験 高精度AR活用によるゲーム・ツーリズム」
ソフトバンクモバイル 情報システム本部 システムサービス事業統括部
新規事業準備室 観光立国・地域活性化推進担当 室長 永瀬淳氏
17:50 終了

<開催趣旨>

im_michibikiスマートフォンをかざすことで、知覚される情報にデジタル合成などによって作られた情報を付加し、補足的な情報を与えてくれる技術であるAR(Augmented Reality、拡張現実)。位置情報とARを地域の観光や振興に応用しようという取組みが各所で見られるようになりました。スマートフォンの普及と、位置情報をより正確に捕捉する技術の進展によって、こうした地域産業活性化に向けたARの応用は今後一段と拍車が掛かっていくものと思われます。そこで、今回はAR技術の最新動向と観光活用の事例、さらに今後の活用が期待されるわが国独自の準天頂衛星「みちびき」を用いた高精度位置情報の応用について情報交換を行います。
まずAR技術および位置情報を活用したスマートフォン向けアプリケーション開発の先駆者であるレイ・フロンティア株式会社・代表取締役CEOの田村建士様より、AR技術の最新動向と観光応用のパターンについてお話を伺います。続いて、誤差1m前後以内の測位が可能となる準天頂衛星「みちびき」の位置測位情報とARを用いた「種子島ランドマーク実証実験」が10月末に鹿児島県・種子島で実施されました。この実証実験に取り組まれたソフトバンクモバイル株式会社・観光立国・地域活性化推進担当室長の永瀬淳様より、実証実験の成果についてお話を伺います。
ICT、とくにスマートフォンでの位置情報とARを用いた観光や地域振興にご関心をお持ちの情報通信業界関係者、自治体関係者の皆様にご参加いただけたら幸いです。

■ご参考 (講演者プロフィール)

レイ・フロンティア株式会社 代表取締役CEO 田村建士氏
photo_tamura1978年生まれ。岩手県出身。
2002年4月 橋梁メーカー・川田工業株式会社(現:川田テクノロジーズ/東証一部)グループIT専門部門で、エンジニアを経験
2007年5月 コンシュマーゲーム&Webシステム構築を行う開発会社(京都)へ。
複数のゲームおよびWebプロジェクトのエンジニア、PMを経験後、東京開発室室長としてマネージメントに従事
2010年10月 レイ・フロンティア株式会社 取締役 として参画
2011年11月 レイ・フロンティア株式会社 代表取締役就任

ソフトバンクモバイル株式会社 情報システム本部 システムサービス事業統括部 新規事業準備室 観光立国・地域活性化推進担当 室長 永瀬淳氏
photo_nagase2000年 ソフトバンクECホールディング株式会社に入社。ソフトバンクグループのベンチャーキャピタル、インキュベータとして、先端技術を導入し、事業会社設立を行う仕事に従事。技術調査、投資計画立案と実施を担当。
2009年 本社帰任。スマートフォンを活用した新しいライフスタイルの創造をテーマにサービス・アプリ開発開始。観光活性化・地域活性化を目的としたスマートフォンアプリ「ふらっと案内」を展開中。

■BBAモバイルブロードバンドフォーラム 地域ICT利活用WGについて

木暮祐一モバイルブロードバンドを様々な業界、社会での利活用を推進し、さらなるICTのイノベーションを加速するために、2013年度よりブロードバンド推進協議会が活動を会したフォーラムです。オープンメディアWG、ネットワーク高度活用WG、ICT教育WG、地域ICTWG、調査WGの5つのWGにより構成され、それぞれの分野での業界関係者、団体との連携を行い調査、研究活動を行っています。

WGリーダー:
青森公立大学 経営経済学部 地域みらい学科 准教授 木暮 祐一(地域ICT戦略論)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です