TOP

  1. Home
  2. /
  3. TOP

TOP

創業特区福岡で開くウエアラブルグラスとIoTの未来
福岡市・一般社団法人ブロードバンド推進協議会 共催

ポスト・スマートフォンの潮流の中で、ウエアラブルデバイスはインターフェイスに革新をもたらせると同時にIoTやビッグデータ、オープンデータへと繋がり様々な産業へ新たなイノベーションをもたらせると思われます。OMC2014 in FUKUOKAでは、ウエアラブルグラスとIoTのプレイヤーが創業支援特区福岡市に会しIoT、ビッグデータ、オープンデータへと広がる様々なプロダクト、サービスモデルの可能性を明らかにします。

▼カンファレンスのみ 参加登録

無料

▼カンファレンス+懇親会  参加登録

3,000円
※学生の方は2,000円

カンファレンス (12:30開場 13:00-18:30 参加費無料)
プログラム

OPENING「創業特区福岡市の未来」
福岡市 新産業・立地推進部 創業・大学連携課長 藤本 広一 氏
一般社団法人ブロードバンド推進協議会オープンメディアWGリーダ
リンクトブレイン株式会社 取締役 清水 弘一 氏

KEYNOTE「ウェアラブルデバイス、IoTがもたらす産業変革」
九州大学大学院 経済学研究院 教授 実積 寿也 氏

・最新のウエアラブルグラスとIoT製品、サービスのプレゼンテーション
福岡国際映画祭で実験を行ったバリアフリー字幕をウエアラブルグラスで提供
Palabra(株) NPO法人メディア・アクセス・サポートセンター
ウェアラブルデバイスの可能性を広げるクラウドコラボレーション
(株)グルーヴノーツ
モーションセンサーとVRヘッドマウントディスプレイの最新トレンド
(株)ネクストシステム
iBeaconを使ったコミュニティプラットフォームの紹介(仮)
(株)UXF
スマートグラスの最新動向とハードウェアメーカーから見たウェアラブルの可能性
ビュージックスコーポレーション
スマートフォンからの情報を伝達するメガネ型情報端末〈雰囲気メガネ

(株)三城ホールディングス
ウェアラブルデバイスの紹介(仮)
日本ウェアラブルデバイスユーザー会

・オープンデータ、開発環境、ネットワークから見たウエアラブルとIoT
オープンデータが可能にする地方創生のシナリオ
九州IT&ITS利活用推進協議会(QPITS)
IoT時代に向けた新しい開発言語「軽量Ruby(mruby)」
軽量Rubyフォーラム
IoTが牽引する未来予測ビジネス
ソフトバンクテレコム(株)

・パネルディスカッション ウエアラブルとIoTが広げる地域産業の展望
モデレーター:青森公立大学 経営経済学部 准教授
モバイルジャーナリスト 木暮祐一 氏
パネリスト :ご登壇の皆様から

18:30 懇親会 (有料)

デモ体験展示

ウエアラブルデバイスの体験コーナーを設置します。

参加申込(下記より参加登録をお願いします)

10月6日10時より一般参加申込を受け付けます。

▼カンファレンスのみ参加登録

カンファレンスのみ参加の場合は 参加費無料

▼カンファレンス+懇親会(3,000円)参加登録
※学生の方は2,000円

カンファレンスと懇親会にご参加の方は 懇親会参加費3,000円(税込)
※カード申込時決済、当日現金会場払いが可能です。
領収書ご希望の場合は会場でお渡しします。

会場
ももち浜SRPホール 福岡市早良区百道浜2丁目1番22号 TEL:092-852-3489

コメントを残す