TOP


▼カンファレンスのみ▼
参加登録はこちら
無料

▼カンファレンス+懇親会▼
参加登録はこちら
事前3,000円(税込)
当日5,000円(税込)

▼Peatixアカウントをお持ちの方▼
Peatixからも参加登録できます

 

-ヘルスケア・建設・製造・小売・観光・・様々なフィールドへ広がるxR(VR、AR、MR)の活用の最新動向を明らかにします-

 

「OMC2018」
VR/ARからxRへ テクノロジーによるカンブリア紀の到来

2018年2月28日(水)  13:00-18:00(開場12:00)
TEPIAホール(東京都港区北青山2-8-44)

VRやARは人びとの仕事や生活スタイルを変えるインタフェースの技術革新です。エンターテインメントの分野で活用が進んでいますが、今回の「OMC2018」ではxR(VR、AR、MRの総称)のビジネス領域での活用とソリューションに焦点を当てます。医療、建設業、製造業での業界特化型のxR活用の最新事例を取り上げ、この先進的なビジネスモデルとイノベーションを明らかにします。

 

myphoto-small_500x586 (1)キーノート
「ネットデジタル全体の動向からみたVR/MRの活用と進化」
(株)角川アスキー総合研究所 取締役主席研究員 遠藤諭 氏

10兆円規模になると予測されているVR/AR市場。次に続くMRへの進化など、とりまく新たなテクノロジーやユーザー、社会との関係性について、全体像をお話いただきます。

 

セッション

xR(VR、AR、MRの総称)の業務活用にいち早く取り組む各社の事例を取り上げ、ビジネス課題解決のアプローチと、ITと他業界とのコラボレーションが実現するサービスモデルの可能性を探ります。

・医療×MRで外科手術の圧倒的な精度向上へ HoloEyes
・マイクロソフト製「HoloLens」とクラウドを利用してCAD設計図を立体で共有 ホロラボ、ソフトバンクC&S
・製造業の生産ラインやメンテナンス等の現場業務をARで効率的にサポート! サン電子
・”体験型”を超えるxRの活かし方!次世代インタフェースの特性を発揮したビジネス活用へ グリー

possible_image
ar_cad_cloud
利用シーン_1
 

パネルディスカッション
「VR/MRへの進化でコンピューターはカンブリア大爆発をはじめるか(仮)」

IoT、AI、センシング・・新たなテクノロジーにより大爆発するxR。VRやARはまるでカンブリア紀のようにとりまく技術と連鎖しながら進化しています。本カンファレンスでは、xRをとりまく先端技術の第一人者がディスカッションして、この同時多発的なテクノロジーの連鎖が起こすイノベーションを明らかにします。

パネリスト:
国立研究開発法人 産業技術総合研究所 主任研究員/(株)ミライセンス 取締役CTO 中村則雄 氏
HoloEyes(株) 取締役 兼CSO 新城健一 氏
(株)リンクトブレイン 取締役CSO/BBAイノベーション部会 部会長 清水弘一 氏

モデレーター:(株)角川アスキー総合研究所 取締役主席研究員 遠藤諭 氏

IMG_2859(1)shinjoスクリーンショット 2017-02-17 17.36.33myphoto-small_500x586 (1)

 
 

Sponsors

SB C&Svuzix_logo2015

fwlogo02-01lbfc_logo_900x234

Vive_Logo

 

Access

TEPIAホール
〒107-0061 東京都港区北青山2-8-44 TEPIA 4階

access_il01
交通:

  • 東京メトロ銀座線
    外苑前駅3番出口から徒歩4分
  • JR千駄ヶ谷駅、または信濃町駅から徒歩14分
  • 都営大江戸線
    国立競技場駅から徒歩11分、
    または青山一丁目駅から徒歩9分