SPEAKERS


講演詳細・プロフィール  ※順次掲載いたします。

 

キーノート

ネットデジタル全体の動向からみたVR/MRの活用と進化

遠藤 諭(えんどう さとし)氏 株式会社角川アスキー総合研究所 取締役主席研究員

2021年に市場規模1080億ドル(Digi-Capital)と予測されるVR/ARの世界。しかし、デジタルトレンドは単独で起こるのではない。VRとエリアラーニングでMRとなるようにほかの技術やユーザー/社会の要求との関係の中で見る。

myphoto-small_500x586 (1)プロフィール
月刊アスキー編集長、株式会社アスキー取締役などを経て2013年より現職。ネット/スマホ関連のライフスタイル、先端デジタル技術に関して調査・コンサルティングを行っている。著書に『計算機屋かく戦えり』など。
建設業xRセッション

建設現場におけるMRデバイス「HoloLens」活用の課題と将来性

中村 薫(なかむら かおる)氏 株式会社ホロラボ 代表取締役CEO
遠藤 文昭(えんどう ふみあき)氏 ソフトバンク コマース&サービス株式会社 AR・VR・MRソリューション担当

ar_cad_cloud建設業界でAR/VR/MRの活用を進めていくにあたり、活用の課題とメリットはどのようなものがあるか、3Dデータ活用を支援するソリューションのひとつとして「AR CAD Cloud」のケースを実機デモも交えてご紹介いたします。

Profile_Holo_Face中村薫氏 プロフィール
HoloLensを仕事にするために株式会社ホロラボを設立。「AR CAD Cloud」を含め、様々な業種のお客様とHoloLensを使った案件を進めている。
endo遠藤文昭氏 プロフィール
3Dデータをクラウド経由でAR/VR化するソリューション「AR CAD Cloud」を企画開発。CAD/BIMデータのAR/VR分野での利活用拡大に向けて活動中。
医療xRセッション

コミュニケーションの未来 医療VRの活用事例とビジネスの可能性

新城 健一(しんじょう けんいち)氏 HoloEyes株式会社 取締役 兼CSO

holoeyes_logoVR/MRが広がりつつある中、医療分野に特化したベンチャーとして、 様々な学会や各種メディアで広く取り上げられているHoloEyes株式会社が、実際の医療現場での活用場面と、医療領域でのビジネスの形 について紹介する。

shinjoプロフィール
1999年ネットメディアベンチャー創立から上場までプロデューサーとして参画。2008年iPhone普及目的のソフトバンク子会社設立COO就任。2011年ホオバル取締役就任、医療・健康・教育関連の大手企業新規事業案件コンサル。2017年HoloEyes社参画。カンブリアナイト主宰。
製造業xRセッション

製造業の業務スタイルを変えるトータルソリューション「AceReal」

大木 順平(おおき じゅんぺい)氏 サン電子株式会社 AceReal事業部 営業部営業課

利用シーン_3AceReal Oneは、「製造現場で使用できること」をコンセプトとし、防塵・防滴でヘルメットに装着できるARスマートグラスです。
AceReal Oneを利用することで、製造現場における作業効率向上を目指しています。本講演ではその取り組みをご紹介いたします。

ohkiプロフィール
AceReal事業部で、マーケティング・企画・営業を担当。
AceRealの提供により「業務スタイルを変える!ライフスタイルを変える!」
を掲げて世の中にイノベーションを起こす事をミッションとして尽力中。
エンタープライズxRセッション

XRの活用価値とエンタープライズ領域での拡張の可能性

原田 考多(はらだ こうた)氏 グリー株式会社 開発本部 XR事業開発部 部長

個人が利用できるパーソナルコンピュータの登場で、人とコンピュータの距離は縮まり、スマートフォンの登場でそのインターフェースは直感的でより生活に密着したものに移り変わっています。
XRは、そのインターフェースを平面ディスプレイの限界から解き放ち、3D空間上で表現できるテクノロジーです。その変化や特性を踏まえ、どのようなビジネスで、どのような活用方法に適合性が高いかについて整理し、グリーのエンタープライズビジネスの取組みと共にご紹介します。

haradaプロフィール
2010年グリー入社、2012年よりグリーエンターテインメントプロダクツ設立に携わり2014年代表取締役社長。2016年よりVR事業を立ち上げ、フジテレビ、イオンファンタジー、JAXAとの事業提携やJapan VR Summitの運営に携わる
パネルディスカッション

VR/MRへの進化でコンピューターはカンブリア大爆発をはじめるか(仮)

パネリスト:
中村 則雄(なかむら のりお)氏 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 主任研究員/株式会社ミライセンス 取締役CTO
新城 健一(しんじょう けんいち)氏 HoloEyes株式会社 取締役 兼CSO
清水 弘一(しみず こういち)氏 株式会社リンクトブレイン 取締役CSO/BBAイノベーション部会 部会長

モデレーター:
遠藤 諭(えんどう さとし)氏 株式会社角川アスキー総合研究所 取締役主席研究員

IoT、AI、センシング・・新たなテクノロジーにより大爆発するxR。VRやARはまるでカンブリア紀のようにとりまく技術と連鎖しながら進化しています。本カンファレンスでは、xRをとりまく先端技術の第一人者がディスカッションして、この同時多発的なテクノロジーの連鎖が起こすイノベーションを明らかにします。

IMG_2859(1)中村則雄氏 プロフィール
1995年通商産業省工業技術院生命工学工業技術研究所入所。脳神経学・情報工学・VR・サービス工学分野での研究開発に従事。脳を活用した錯触力覚技術を発明、「空間の伝送(TeleSpace)」を実現するデジタル・コミュニケーション革命をグローバルにビジネス展開。2014年(株)ミライセンスを設立。
オープニング

趣旨説明

清水 弘一(しみず こういち)氏 BBAイノベーション部会 部会長/株式会社リンクトブレイン 取締役CSO

スクリーンショット 2017-02-17 17.36.33プロフィール
2012年7月より株式会社リンクトブレイン 取締役 Chief Strategic Officer(現職)。BBAではOMCと共にOGC、スタートアップベンチャープログラム”BBA Field”の立ち上げとディレクターも兼務。リンクトブレインはゲーム業界に特化したHumanCapitalを軸にHR事業と、プロジェクトの結成をソリューション化したゲーム開発・運営受託事業を提供している。なお現職ではChief Strategic Officerとして、中長期戦略責任者としてクリエーターファーストを意識した事業戦略と、国内外での渉外・アライアンスを担当している。またゲーム業界における産官学連携モデル化の構築し、多くのゲーム会社と連携し、人材育成事業化を推進している。国内では福岡県地域の事業担当、海外では台湾(アジア)事業の展開をも担当している。